安全に・便利にATMを利用する

キャッシュカード・通帳を安全にご利用いただくために

偽造カードや盗難カードを使用したATMでの不正な引き出し事件が発生しております。被害を未然に防ぐため、以下のことをお願いします。

キャッシュカード
  • 暗証番号は、生年月日、電話番号、住所の番地、自動車のナンバーなど他人に知られやすい番号は避け、知られづらい暗証番号をご使用ください。
  • 暗証番号は適宜変更されることをお勧めします。変更はATMで簡単に行えます。
  • 暗証番号は他人に知られぬよう、十分にご注意ください。暗証番号を書いたメモや運転免許証等の推測される手掛かりとなるものはキャッシュカードといっしょに保管しないでください。
  • ATMの利用限度額を個々に設定されるようお願いいたします。
  • ATM操作時は、周囲にも注意を払い、操作画面が盗み見されないようご注意ください。
  • キャッシュカードのご利用明細票は、お持ち帰りになられるか、他人に見られないように破棄してください。
  • キャッシュカードは預金通帳やお届印と同様に大切なものですので、厳重に管理してください。
  • 万一、キャッシュカードが盗まれたり紛失した場合には、直ちに「キャッシュカードを紛失した場合」(各種お手続きについて>キャッシュカードを紛失した場合)をご確認ください。
  • 空き巣や車上荒らしなどの被害に遭われたときは、キャッシュカードが盗まれていなくても、磁気データがコピーされている可能性がありますので、必ず「キャッシュカードを紛失した場合」(各種お手続きについて>キャッシュカードを紛失した場合)をご確認ください。
  • 複数の金融機関のキャッシュカードをご利用される場合は、同じ暗証番号を使用しないことをお奨めします。また、キャッシュカードの暗証番号を貴重品ボックスなど他のサービスを利用する際の暗証番号として使うこともお避けください。
  • 当金庫職員、警察官などが暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な場合は直ちにお取引店までご連絡ください。
通帳 通帳のご記帳はできる限り頻繁に行い、不審な取引がないかお確かめください。
  • 通帳記帳の必要がないスマートフォンアプリ「通帳アプリ」も取り扱っております。
    通帳アプリ

ATMで10万円を超える振込について

  • ATMでは10万円を超える現金振込みはできません。
  • 窓口で10万円を超える現金振込をされる場合は「本人確認書類」により 取引時確認 をさせていただきます。
  • キャッシュカードによるお振込は従来どおりご利用いただけます。
現金振込 10万円以下 従来どおりご利用いただけます。
10万円超 × ご利用いただけません。「本人確認書類」をご用意のうえ、窓口までお申し付けください。
キャッシュカードに
よるお振込
当金庫のカード 従来どおり当金庫所定の範囲内またはお客様が任意で設定いただいた範囲内でご利用いただけます
他行カード 従来どおりご利用いただけます
お取引の金融機関により振込限度額が設けられておりますので、詳しくは直接お取引の金融機関へご照会ください。
  • ただし、「犯罪収益移転防止法」に基づく取引時確認が済んでいない口座のキャッシュカードを使って、10万円を超えるお振込はご利用いただけません。詳しくはカード発行金融機関へお問い合せください。

キャッシュカードを保有する70歳以上のお客さまへ

カード詐取、還付金詐欺からお客さまをお守りするために、70歳以上の方々のキャッシュカード等の支払機能の一部利用制限を行っております。

キャッシュカードを保有する70歳以上のお客さまへ

ATM引出限度額個別設定サービス

たましんでは、キャッシュカードの不正利用による被害を最小限に抑えるための対策を行っております。カードを利用した「現金引出し」「振込」取引でそれぞれ1日の利用限度額を設定することができます。

磁気・ICカード 生体認証カード
現金のお引出し 0円~200万円※1 0円~300万円
振替 上限なし
振込 0円~9,999万8千円※2
デビットカード 50万円(固定)※3
  • ※1法人カード、当座カードなど事業性のカードについては1日の利用限度額はご指定のない場合200万円とさせていただきます(お手続きにより300万円とすることもできます)。
  • ※2ATMでは10万円を超える現金振込はご利用いただけません。カードによる振込限度額は上記表のとおりとなりますが、限度額のご指定がない場合やお客さまによる個別設定の場合は金額が異なります。( ATM利用限度額
  • ※3お申し出によりデビットカードサービスのご利用を停止することもできます。
  • 月間限度額については設定がありません。
  • 他行ATMにおける1日の利用限度額は当金庫利用分と合算し200万円が上限となります。
  • 1日の利用額については当金庫ATMでの利用額と他行ATMでの利用額の合計で計算されます。たとえば限度額が200万円である場合、1日の内、当金庫ATMで200万円引出した場合は、他行ATMでは引出しができません。
  • 生体認証カードについては磁気カード部分と生体認証カード部分でそれぞれ限度額の設定をすることができます。生体認証カードの磁気カード部分の1日の利用限度額はお申し出がない限り50万円となっていますので、他行での磁気カードによるご利用を磁気カードの上限200万円としたい場合は、店頭にて磁気カード部分の限度額を引き上げる手続きが必要です(ATMの限度額変更は引き下げるのみとなります。限度額の引き上げは店頭での手続きに限ります)。

その他不正利用防止策

他に、現在行っている不正利用防止策は以下のとおりです。

遮光フィルター ATM操作時に他人から暗証番号を盗み見されないよう、ATM画面に特殊フィルターを設置し、本人以外の位置から画面が見えないようにしています。(店舗外ATMを含む全てのATMへの装備を完了しています)
暗証番号の変更 暗証番号をこまめに変更することはカード悪用の防止につながります。当金庫ではATMによる暗証番号の変更ができるようにしています。
レシートの選択 ATM取引の内容を明示したレシートには口座番号などが印字されており悪用される可能性もあります。当金庫では、レシートそのものを必要とするかどうかをお客様のご希望により都度選択できるようにしています。
暗証番号の管理 当金庫のキャッシュカードには暗証番号情報を持たせておりません。キャッシュカードの磁気がスキミングされても暗証番号を取得されることはありません。
  • 長期にわたり、一度も使われていないカードの一部には暗証番号情報が記録されているものもありますが、該当カードに対しては注意喚起の通知をしております。

キャッシュカードのご利用にあたっては前述の「キャッシュカード・通帳を安全にご利用いただくために」を遵守いただきますようお願い申し上げます。

備え付け受話器での操作説明

窓口営業時間以外や店舗外ATMでATMの操作方法が分からない場合、たましんのATMコーナーに設置している備え付け受話器によりATMの操作方法をお問い合わせいただけます。
また、操作方法以外でもATMで困ったことがあれば備え付けの受話器によりお問い合わせが可能です。

備え付け受話器

関連リンク