投資信託に関するご注意事項・費用

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は預金ではなく、元本が保証されるものではありません。
  • 投資信託は預金保険制度、投資者保護基金、保険契約者保護機構の保護対象ではありません。また、当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(書面による解除)の規定の適用はなく、クーリングオフの対象にはなりません。
  • 投資信託の基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 組入有価証券(株式・債券等)は、有価証券等の発行者の信用状態の変化等により価格が変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 外貨建資産に投資するものは、為替相場の変動(為替変動リスク)により、基準価額が変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 投資信託は銘柄ごとに設定された申込手数料〈最大3.30%〉、運用管理費用(信託報酬)〈概算最大年率1.98%程度〉および信託財産留保額〈最大0.3%〉等の諸経費をご負担いただく場合があります。商品ごとに手数料およびリスクは異なりますので個別パンフレット、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。
  • 当金庫は投資信託のご購入、ご売却のお申込みについて取り扱いを行っております。投資信託の設定・運用は各運用会社が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、お客さまに帰属します。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の交付目論見書により商品内容をご確認のうえ、お客さまでご判断ください。
  • 交付目論見書は、投信インターネットサービス(パーソナルダイレクト)でのお取引においては、同サービスのPDFファイルにてご確認ください。店頭でのお取引については当金庫の本・支店等の投資信託販売窓口にてご用意しております。

投資信託にかかる費用

  1. 申込手数料
    ファンドによっては、投資信託を購入する際に申込金額とは別に、販売会社が申込手数料を徴収するものがあります。申込手数料には消費税がかかります。また申込手数料を徴収しない(ノーロードと呼びます)ファンドもあります。
  2. 運用管理費用(信託報酬)
    投資家が間接的に負担する費用です。運用管理費用(信託報酬)は、信託財産の運用・管理などにかかわる費用で、信託財産の中から投信会社、受託会社、販売会社に支払われます。ファンドの純資産総額に対して所定の比率で毎日差し引かれます。
  3. 信託財産留保額
    投資家間の公平性を保つために投資信託の換金時に差し引かれます。販売会社や投資信託会社に支払われるものではなく、信託財産に留保されます。ファンドによっては信託財産留保額がかからないものもあります。

商号等:多摩信用金庫 登録金融機関:関東財務局長(登金)第169号 加入協会:日本証券業協会

お問い合わせ

資産運用に関するご相談
操作に関するお問い合わせ
たましんコールセンター
0120-1360-99
受付時間:平日 9:00~18:00