M&A

M&Aとは?

M&Aとは「Mergers and Acquisitions(企業の合併、買収)」の略称です。自社に不足している経営資源を補うために、あるいは事業の再構築を行うために、経営権や事業資産を譲り受けたり、譲り渡したりすることをいいます。

事業の多角化、成長させるための手段

取引先を拡大したい、取り扱う商品・サービスを拡充したい、総合力を高めて他社との差別化を図りたい、人材を確保したい、新規事業を立ち上げたいが経営資源が足りない等、中小企業が成長していくには様々な課題があります。
譲渡側・譲受側の双方が自社の不足する経営資源を補うことで、双方の企業の成長スピードを高めることが可能となります。
M&Aは、双方がシナジー効果(相乗効果)を得られることで、自社の弱点を補い、更に成長を図れる手段の一つとなります。

事業承継問題の有効な解決手段

中小企業にとって、経営者の世代交代を円滑に行うことは極めて重要な課題ですが、中小企業のオーナー経営者は、次のような問題を抱えていることがあります。

  • 子供や親族は事業を継ぎたがらないし、他に後継者も見当たらない…
  • 万が一、会社を清算・廃業した場合、借入金の返済はどうすればいいのだろう…。それに従業員の雇用も心配だ…

こうした「事業承継問題」を解決する有力な方法のひとつとして、第三者への事業承継、すなわちM&Aが注目を浴びています。

M&Aの手法

M&Aには会社分割、合併等、様々な手法があります。その中でも、主に中小企業では以下の手法が多く使われています。

株式譲渡 株式を譲渡することで譲渡側の経営権を取得する。比較的手続きは簡易だが、譲渡側の資産・負債、権利・義務等を包括的に引き継ぐ
事業譲渡 譲渡側の事業の一部・全部を譲渡し、事業を引継ぐ。包括的に引き継ぐことができないため、引き継ぐための個別の手続きが必要となり、手続きは株式譲渡に比べて煩雑となる

たましんは中小企業のM&Aをサポート

たましんでは、中小企業のM&Aに精通した支援機関と連携し、専門スタッフとともにM&Aに関する様々なご相談に応じています。M&Aの相手企業の発掘・探索、仲介業務についてもお気軽にご相談ください。

M&A案件情報

たましんの連携機関である株式会社ストライク(中小企業M&Aの専門会社)のホームページにリンクします。

株式会社ストライク譲渡・買収情報

お問い合わせ

窓口またはお客さま担当
店舗・ATM検索
お電話でのご連絡
価値創造事業部 法人支援グループ 事業承継支援担当
042-526-7720
受付時間:平日 9:00~17:00