1. ホーム

女性活躍推進法に基づく行動計画について

多摩信用金庫は、女性活躍推進法に基づき、行動計画を公表いたします。

女性活躍推進法とは

女性が職業生活において十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、一定の企業等に対して、女性の活躍推進に向けた数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表や、女性の職業選択に資する情報の公表を義務付けた法律です。

 

 

 

 

 

 

行動計画とは

自社の女性の活躍に関する状況の把握・課題分析を行い、その課題に基づいた目標を設定し、その目標を達成するための具体的な取り組み内容を定めたものです。

 

 

 

 

多摩信用金庫 女性活躍推進法に基づく行動計画

職員が様々な部署で能力を発揮し、キャリアアップしていくため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2019年4月1日~2024年3月31日

2.当金庫の課題

女性の勤続年数は伸長しているが、指導的立場を目指す女性が少なく、職場風土として定着していない。

  • 将来の管理職候補となる女性監督職へのキャリア開発、自己啓発意欲の醸成
  • ワーク・ライフ・バランスを保ちながら仕事にやりがいを見出していくことのできる環境整備

3.目標

  • 若手職員のキャリアモデルを明示し、中長期的な視点での育成を行う
  • 女性職員の昇格試験受験率を15ポイント向上へ

※昇格試験(5級)初回受験者の受験率

4.取組内容・実施時期

(1)育児休業職員の円滑な職場復帰支援

2019年6月~ 子育て職員へのアンケート実施・分析(育児休業中の悩みや課題の実態把握)
2019年9月~ たましんプレミアムビズ等を活用した育児休業中職員の課題解決策の実施

(2)女性職員の職域の拡大

2019年6月~ 女性職員のキャリアモデルの策定
2019年11月~ キャリアを実現していくための自己申告・面談の実施

(3)女性管理職予備軍の育成

2019年5月~ 外部講座派遣、金庫内ロールモデル活用講座等を通じたキャリアアップ意識の醸成
2019年8月~ 上司による個別面談の実施

 

多摩信用金庫 女性の活躍状況に関する情報の公表

多摩信用金庫の女性の活躍状況に関する情報については、厚生労働省WEB サイト「女性の活躍推進企業データベース」に公表しております。

関連リンク

2019年4月1日現在


多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号