1. ホーム

後見制度支援預金

後見制度支援預金とは

被後見人の財産のうち、通常使用しない金銭を「後見制度支援預金」として別の口座で管理するしくみです。通常の預金と異なり、後見制度支援預金口座の入出金等の取引には、裁判所が発行する「指示書」が必要です。

特徴

  • 法定後見制度または、未成年後見制度の被後見人の方を対象としています。
    ※被保佐人、被補助人の方、任意後見制度のご本人は利用することができません。
  • 預金の払い戻しについて、家庭裁判所の「指示書」が必要となるため、財産管理の透明性が増し、他の親族等の理解を得られやすくなります。
  • 後見人が手元で管理する財産が少なくなるため、家庭裁判所に対する後見事務報告の負担が軽減されます。

商品概要

ご利用いただける方
  • 成年後見人
  • 未成年後見人
※家庭裁判所が「指示書」を交付した方
預金の種類 普通預金
お取引の制限
  • すべてのお取引は、家庭裁判所の「指示書」に基づくお取扱いになります。
  • 口座開設店舗の窓口のみでお取扱いいたします。
  • ATMでのご利用はできません。
  • キャッシュカードの発行はできません。
  • 各種料金等の自動支払いおよび給与、年金、配当金、公社債元利金等の受取りはできません。
  • インターネットバンキングのご契約はできません。
  • マル優のお取扱いはできません。
新規口座開設の際に必要な書類
  • 家庭裁判所発行の指示書(原本)
  • 後見人のご本人確認書類
  • 登記事項証明書(後見登記にかかるもの・原本)
  • 預金取引のご印鑑
  • 初回預入金(家庭裁判所の「指示書」記載金額と同額)

詳しくは商品概要説明書をご覧ください。
たましんすまいるセンター、または店頭・お客さま担当までお問い合わせください。
たましん すまいるセンター 042-526-7753


取引時確認について

「犯罪収益移転防止法」の改正に伴う取引時確認について


実特法に基づくお届けについて

お客さまからの居住地国等のご申告・お届けについて


FATCAに基づく取引時の確認について

FATCAに基づく取引時の確認についてのご協力のお願い


関連リンク

多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号