1. ホーム

お客さま本位の業務運営に関する基本方針

多摩信用金庫(以下、「当金庫」といいます。)は、「お客さまの幸せづくり」の経営理念のもと、お客さまのライフステージ、ライフイベントにおいて発生するニーズに合わせて、資産運用や資産形成、暮らしにおけるリスクへの備え等、さまざまな課題解決に取り組んでいます。
当金庫は、お客さまのニーズに適切にお応えしていくため、「多摩信用金庫 お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を策定し、公表します。
この基本方針のもと、今後その取組状況や成果を定期的に確認し、見直しを行ってまいります。
基本方針に関する取組状況(PDF形式:909KB)

1.お客さまお一人おひとりに寄り添った、課題解決に取り組みます

当金庫は、お客さまお一人おひとりに寄り添い、夢の実現や悩み・不安など課題解決に向けた取り組みを徹底します。
また、お客さまの課題解決に向けた取り組みを、継続的に実践するために、職員への教育を徹底します。

主な取り組み

  • お客さまのライフステージ、ライフイベントごとに発生するくらしの課題や不安を整理・共有し、課題を解決する活動を徹底します。
  • 職員の担当業務や階層に応じた研修を継続的に実施します。その内容は、コンプライアンス、知識、および実務(分かりやすい説明等)を含めた以下の構成とします。
  • ①コンプライアンス
    ②商品や投資環境に関する知識習得
    ③コンサルティング能力の向上

2.重要な情報や手数料に関する分かりやすい説明を行います

当金庫は、金融商品・サービスの提供にあたり、リスクとリターンの関係や取引の条件、ご案内する商品・サービスの選定理由等の重要な情報や、お客さまの投資判断に影響を与える手数料等費用の詳細について、適切な資料に基づき、お客さまお一人おひとりにとって分かりやすい丁寧な説明を行います。

主な取り組み

  • チラシやホームページについては、平易で分かりやすい表現を徹底します。
  • お客さまに直接ご負担いただく手数料のほか、保険会社から当金庫に支払われる特定保険商品の代理店手数料について、情報提供を行います。
  • お客さま向けセミナー、相談会を随時開催し、適切な情報提供を行います。

3.お客さまのご意向を伺ったうえで適切な商品・サービスのご案内を行います

当金庫は、「金融商品の勧誘方針」を定め、お客さまの知識、経験、財産の状況および契約を締結する目的に照らし、お客さまのご意向を伺ったうえで、適切な商品・サービスのご案内を行います。

主な取り組み

  • 金融商品のご案内時には、販売手数料の多寡にかかわらず、お客さまのニーズに合った適切な商品のご案内を行います。
  • 保険商品に関しては「保険商品に関するご意向アンケート」結果に基づき、お客さまのニーズに該当する全ての商品のご案内を行います。
  • 多様なお客さまのニーズにお応えするため、商品ラインナップの見直しを継続的に実施します。

4.お客さまへの質の高い課題解決を実践する職員育成を行います

当金庫は、より高いコンサルティング能力を発揮し、質の高い金融サービスを提供するよう、職員研修の充実に努めます。
また、お客さまのご意向を伺ったうえで、適切なご案内や情報提供が徹底され、販売収益に関わらず、課題解決の取り組みが適切に評価されるよう、業績評価体系を整備します。

主な取り組み

  • 職員の倫理観を高めるため、各研修において、コンプライアンスに関する教育を実施します。
  • お客さまへの課題解決の取り組みが適切に評価されるよう、業績評価体系を定期的に見直します。

2018年6月29日現在
以上



多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号