ATM引出限度額個別設定サービス| 多摩信用金庫
  1. ホーム

ATM

ATM引出限度額個別設定サービス

たましんでは、キャッシュカードの不正利用による被害を最小限に抑えるための対策を行っております。カードを利用した「現金引出し」「振込」取引でそれぞれ1日の利用限度額を設定することができます。

磁気・ICカード 生体認証カード
現金のお引出し 0円~200万円※1 0円~300万円
振替 上限なし
振込 0円~9,999万8千円※2
デビットカード 50万円(固定)※3
※1 法人カード、当座カードなど事業性のカードについては1日の利用限度額はご指定のない場合200万円とさせていただきます(お手続きにより300万円とすることもできます)。
※2 ATMでは10万円を超える現金振込はご利用いただけません。カードによる振込限度額は上記表のとおりとなりますが、限度額のご指定がない場合やお客さまによる個別設定の場合は金額が異なります。
ATMでのキャッシュカードご利用限度額について(PDF形式)
※3 お申し出によりデビットカードサービスのご利用を停止することもできます。
◎月間限度額については設定がありません。
◎他行ATMにおける1日の利用限度額は当金庫利用分と合算し200万円が上限となります。
  • 1日の利用額については当金庫ATMでの利用額と他行ATMでの利用額の合計で計算されます。たとえば限度額が200万円である場合、1日の内、当金庫ATMで200万円引出した場合は、他行ATMでは引出しができません。
  • 生体認証カードについては磁気カード部分と生体認証カード部分でそれぞれ限度額の設定をすることができます。生体認証カードの磁気カード部分の1日の利用限度額はお申し出がない限り50万円となっていますので、他行での磁気カードによるご利用を磁気カードの上限200万円としたい場合は、店頭にて磁気カード部分の限度額を引き上げる手続きが必要です(ATMの限度額変更は引き下げるのみとなります。限度額の引き上げは店頭での手続きに限ります)。

関連リンク

店舗・ATM検索 カード、通帳を安全にご利用いただくために ATMで10万円を超える振込について 不正利用防止策 預金等の不正な払戻しが発生した場合の補償についてのお知らせ(PDF形式:1.7MB)

多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号