1. ホーム

事業承継

取り組み事例

支援テーマ : M&Aの実施により譲渡企業(A社)、買収企業(B社)、相互の課題を解決

課題内容

  • 半導体関連の装置メーカーA社の経営は65歳の社長とその妻が担い、2名の娘はそれぞれ結婚
  • 社内で次の経営を担える人材もなく、事業承継の課題を抱えていた

課題解決へのアプローチと支援手法

  • A社社長より事業承継の相談を受け、その解決策としてM&Aによる第三者への事業承継を提案。
  • その後、M&A支援機構と連携し、マッチング支援を開始。A社とのシナジー効果を見込むB社(半導体装置メーカー)が関心を示し、両社の提携に向けた実務支援を実施

支援結果と改善効果

  • B社がA社の全株式を取得し、子会社化
  • A社社長はハッピーリタイアすることができ、B社はA社保有の海外販路を活用し、海外展開を開始
  • 共同仕入れによるコスト削減など、さまざまな相乗効果を創出。

支援テーマ : 親から息子への事業承継

課題内容

  • 父親は70歳代、息子は40歳代であり、そろそろ事業承継が必要な時期。
  • しかし父親と息子で将来の会社に関することは一切話しておらず、事業承継への道筋が付いていない状態であった。

課題解決へのアプローチと支援手法

  • 担当者と専門家が訪問し、両者を交えて事業承継の道筋を見える化した。
  • 株式については役員退職金の支払いを行うタイミングで譲渡するように提案。
  • 家族会議を行い、株式の譲渡を承認してもらうように提案。

支援結果と改善効果

  • 道筋が見える化される事で円滑に事業承継が行われた。
  • 父親はハッピーリタイアができ、息子は順調に事業が行える体制が整えられた。
  • 従業員も若い社長の下で安心して働ける環境が整えられた。

多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号