創業お役立ちフローチャート - 創業支援 - 法人のお客さま | 多摩信用金庫
  1. ホーム

創業支援

創業お役立ちフローチャート

step1 創業の目的を確認しましょう

自分自身の興味や関心、問題意識などを整理してみましょう。やりたいことや創業の目的が見えてくるはずです。実際に創業されている方々の話を聞いてみるのも自身の考えをまとめるのに役立ちます。
経営者には苦労や悩みがつきものです。さまざまな困難を乗り切るためには、「何のために創業するのか」を明確することが重要です。

step2 事業アイデアを考えましょう

どのような事業を始めるのか、アイデアを出していきましょう。
お客様や世の中に対して自分がどういう価値を生み出していけるのか、
多方面の視点から考えていきましょう。

step3 ビジネスモデルを立てましょう

アイデアを事業としてどうやって具現化するかを考えます。興味や経験のある分野で修得しているノウハウや経験、また、これまでの信用や人脈をどうやって生かしていくのかを考えていきます。
その事業の強みや弱み、競争環境やビジネスチャンスについてのリサーチも必要です。事業の領域やマーケティング手法についても明確にしていきましょう。
また、客観的な視点からビジネスモデルを検討することも重要です。

step4 販路について考えてみましょう

商品やサービスを欲しいと思う人はどこにいるのか?
その人たちへのアプローチ方法は?もっとも効果的なPR方法は?
事業の成長と存続には取引先の新規開拓が欠かせません。

step5 創業場所を考えましょう

商品やサービスの提供をするために必要な事務所・店舗を検討します。場合によっては、自宅での創業も視野に入れましょう。最近では、利便性の良さと比較的安価な家賃設定の小規模オフィスを提供する「インキュベーション施設」の活用も増えています。

step6 従業員を考えましょう

事業が軌道に乗らない創業直後は、人件費は重い負担となります。どうしても始めから従業員が必要な業種以外は、役員や家族労働者が中心となります。
採用を決意したら待遇・条件を決定します。優秀な人材の集まる魅力溢れる会社を目指しましょう。

step7 資金計画・収支計画を立ててみましょう

事業を始めるにあたり、「どれだけの資金が必要なのか」を考えます。当面の運転資金も必要です。売上や経費をシミュレーションします。開業資金と収支計画を綿密に検討していくことが必要です。

step8 事業計画書を作ってみましょう

今まで考えた事業のイメージを具体的にシートに記入してみましょう。事業計画書は、事業を開始してからのシナリオです。事業の進捗状況を常にチェックし、必要に応じて的確な軌道修正も可能となります。


お問い合わせ

創業支援担当者が皆さまの夢の実現を全力でサポートします!
詳しくは下記連絡先へお問い合わせください。

多摩信用金庫 営業店支援部 法人支援グループ 創業支援担当 TEL 042-526-7766

多摩信用金庫 金庫コード1360 日本証券業協会加入登録番号 関東財務局(登金)第169号